IT-Learning Blog

GolangやMac/Linuxなど日々プログラミングについて学んだことを備忘録として記事にしています。

Debian 11 bullseye がリリース

人気ディストリビューション Ubuntu のベースにもなっているDebianのニューバージョン「bullseye(ブルズアイ)」がリリースされた。

debian 11 bullseye released

以下、目新しい新機能等について記載する。

デスクトップ環境

debian 11 bullseye にはいくつかのデスクトップアプリケーション、デスクトップ環境が含まれるようになった。

  • Gnome 3.38,
  • KDE Plasma 5.20,
  • LXDE 11,
  • LXQt 0.16,
  • MATE 1.24,
  • Xfce 4.16.

exFATファイルシステム

bullseyeは、LinuxカーネルにexFATファイルシステムのサポートを提供する最初のリリースになり、デフォルトでexFATファイルシステムのマウントに使用される。exFATファイルシステムを作成およびチェックするためのツールは、exfatprogsパッケージで提供される。

ジャーナル機能

bullseyeは、デフォルトで、揮発性ストレージへの暗黙的なフォールバックを使用して、永続的なジャーナル機能をアクティブにする。これにより、特別な機能に依存していないユーザーは、従来のロギングデーモンをアンインストールし、systemdジャーナルのみを使用するように切り替えることができる。

ダウンロードはdebian.orgから。